MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

群馬県北毛地域の「枝豆」

枝豆」

「ビールのお供」として真っ先に思い浮かべるのが『枝豆』。茹でたてに塩を振ってと調理法はいたってシンプルですが、それだけに豆本来の旨みが違いを分ける1品です。

“鶴舞う形の群馬県”で、その左翼あたりに位置するのが沼田市をはじめとした北毛地域。夏場の昼夜の寒暖差や霧が発生しやすい環境が枝豆栽培に適しており、現在は1961(昭和36)年の生産組合設立に端を発した「沼田利根蔬菜出荷組合」がブランド枝豆である『天狗印枝豆』の栽培に力を注いでいます。

組合を管理する有限会社塩野商店の塩野専務に話を伺うと、「当組合では総生産面積200ha、年間1,100t程の出荷量を誇ります。高低差のある地域特性を活かし標高200~800mといった標高差や、極早生から晩生種までの品種リレーなどを活用して6月上旬~10月中旬までと長期間にわたる出荷を実現しています。名前の“天狗”の由来は “天狗のお寺”として有名な沼田市内の迦葉山弥勒寺の天狗にあやかり名づけました」とのこと。

ピーク時は700名以上いた生産者も今では130名程にまで減少しましたが1軒当たりの生産面積は10倍程度にまで膨れあがりました。これは農地の集約化が進んだこと、収穫・選別・袋詰め等の機械化が進み、より多くの面積をこなせるようになった結果だそうです。

驚かされたのは「10の付加価値」と呼ぶ様々な取り組み。専用肥料を用いた土壌管理からや農薬使用の自主基準設定、甘みや旨みの分析、鮮度管理に品質責任など、どの項目に対しても妥協することがありません。また「天狗印枝豆の憲法」と呼ばれる約束事が、生産者・組合役員・管理者の塩野商店と各自の役割を果たす後押しとなっているようです。

お勧めの食べ頃はとの問いに「7月中旬と9月中下旬に出荷するものは味が乗って美味しいと評判です。特に『味緑』という商品の味には自信があります」と、夏の訪れを待ちきれなくなる一言に心躍らされました。

(2018年5月掲載)

MBCニュース バックナンバー
群馬県北毛地域の「枝豆」
宮城県石巻市の「河北セリ」
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP