メトスルフロンメチル

多年生も含め数多くの広葉雑草に、超低薬量で確かな効き目! 厄介なクズ防除にも威力!

サーベルDFによるクズ防除

特長

樹木に対して比較的安全性が高い
超低薬量のため、環境負荷が少ない
周辺作物の少ない秋冬期散布のため、薬害の心配が少ない

効果のポイント

画像

クズ防除のコンセプト

(1)
サーベルDFを散布することによりクズ優占地から他の雑草へ植生が変化します。
最終的には、イネ科雑草の単一植生による美しい緑地帯を目指します。
(2)
匍匐性(横への伸長)の雑草から直立性(縦への伸長)の雑草に植生を変化させることにより雑草害の減少を目指します。
(3)
薬剤、資材等を上手に使うことにより、刈込み回数の減少、刈カスの減少を目指します。
(4)
薬剤をなるべく使用しない緑地帯管理を目指します。
(5)
その実現のために、Care(After Follow)を行い、よりよい管理を目指します。
画像

クズ防除のメリット

(1)
クズがなくなることにより、刈込み作業の効率が上がります。
(2)
高コストの刈込みが減るので、コストの有効活用が可能です。
(3)
イネ科雑草は残るので法面での使用が可能です。

サーベルDFによるクローバー/セイタカアワダチソウ防除

冬期クローバー防除の特長

  • 春先のクローバー生長による見苦しさを解消します。
  • お客様の少ない時期に雑草防除が可能です。
  • 自然に枯れるため、違和感なく雑草管理が可能です。
  • 効果は遅効的ですが、確実な効果が期待できます。
  • クローバー以外の広葉雑草も同時防除可能です。

クローバーにおける効果事例

●薬量および使用水量など
サーベルDF 0.004g/m²
サーファクタントWK 0.2ml/m²(機能性展着剤)
水量:200ml/m²

101_s01.jpg

セイタカアワダチソウ防除の特長

セイタカアワタチソウは特定外来生物による生態系等に係わる被害防止に関する法律(外来生物法)の要注意外来生物です。
サーベルDFは、開花前の大きくなったセイタカアワダチソウにも高い効果が確認されています。
※大きくなってからの防除は、立枯れ状態になりますので、発生初期(草丈30cm位まで)の散布をお奨め致します。

セイタカアワダチソウにおける効果事例

●薬量および使用水量など
サーベルDF 0.01g/m²
サーファクタントWK 0.15ml/m²(機能性展着剤)
ドリフト・マスター 0.3ml/m²(飛散防止資材)
水量:150ml/m²換算
ウィンドブロック(飛散軽減・環境対応型ノズル)使用

101_s02.jpg

PAGETOP