MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

愛知県西三河地域の「いちじく」

いちじく」

旧約聖書にもその名を連ね、アダムとイブの時代から「知恵の木の実」と呼ばれている『いちじく』は、タンパク質分解酵素を含み、食後のデザートとしていただくと消化を促進してくれるという、なかなかの優れものです。

漢字では『無花果』と書きますが決して花をつけないというのではなく、実の中に花をつけるため外からは確認できないというもの。花の食感が独特の風味とも言えるでしょう。

愛知県は全国シェア1位を誇るいちじくの主産県。中でも西三河地域は約80haの作付面積を有する、いちじく栽培の盛んな地域です。昭和46年頃より稲作転換作物として取り組む農家が増加したのが産地の始まりで、現在は共同の予冷・保冷設備の充実などで安定供給体制が発達し、「日本一のいちじく産地」としての地位を不動のものにしています。

露地栽培の場合、一文字仕立てという整枝方法で10a当たり60~70株が定植され、8月上旬から11月上旬にかけて収穫します。現在の主要品種は栽培しやすく日持ちが良い「桝井ドーフィン」ですが、平成5年に品種登録された「サマーレッド」の作付面積も徐々に増えてきています。

病害虫に関してJAあいち経済連の長縄技術主管に話を伺うと「病害は株枯病が問題です。台風などで圃場が冠水すると、病原菌が大きく広まってしまうことがあります。虫害で問題なのはアザミウマ類ですが、最近はカミキリムシの被害も見過ごせません。その他、春先の急激な気温低下による凍害も大きな問題になるため、予防が大切です」とのこと。

「作付面積は減少傾向にありますし、生産者の高齢化も進んでいます。しかしいちじくは比較的販売単価も高く、女性でも栽培しやすい作物です。病害に強い抵抗性台木の研究も進んでいますし、今後はもっと多くの方にいちじく栽培に取り組んで欲しいと思っています」と、長縄技術主管は産地拡大のために日々足繁く現地に通っているとのことでした。

(2007年9月掲載)

MBCニュース バックナンバー
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP