MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

広島県尾道市の「広島わけぎ」

広島わけぎ」

子孫繁栄につながる縁起物として、名古屋から関西方面ではひな祭りの時に食べる風習があるのが『わけぎ』。植え付けた種球が株分かれして、多い時には50球ほどにも増えるというのがその由来とされています。

広島県は『広島わけぎ』の名でブランド化され、国内生産量の6割以上を占める全国1位の産地です。なかでも圧倒的なシェアを誇るのが、文学や映画の舞台としても有名な尾道市。当地の状況についてJA尾道市 営農販売部の村上主任と、同 向島営農センターの渡辺センター長に話を伺いました。

「2014(平成26)年においては146名の生産者で栽培面積が43ha、出荷量は約500tと、国内生産量の約4割を当管内で生産しています。周年栽培していますが、夏場は生産しにくく、出荷量は少なくなります。10月から11月と2月末から4月頃が収穫のピークです」。

主な病害虫はとの問いには「害虫は夏場のアザミウマ類と、種球作りの際のアブラムシ類が問題です。病害に関しては春先に多く発生するベと病と長雨時の灰色かび病ですね。いずれも薬剤防除にて対応しますが、わけぎで使用できる薬剤が限られているのが難点です」と説明してくださいました。

皮むきや結束といった出荷にかかる労力が大きいらしく、JAでは『計量結束包装機』を近々導入し、生産者の負担を軽減していく予定とのこと。導入後は出荷での労力が減った分、生産者の方々にはより多くの植え付けを行ってもらいたいと願っているようです。

ここでも高齢化による後継者不足が問題のようですが、「生産者を増やす取り組みをJAと部会の両方で行っています。その一環として毎年『わけぎ塾』というのを開催し、就農に向けての門戸を広げています」とのこと。一晩経つと株が起き上がってくるほどという『広島わけぎ』同様、将来に向かって力強く立ち上がっていく様子が感じられます。

(2015年9月掲載)

MBCニュース バックナンバー
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP