MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

三重県長島地区の「三重なばな」

三重なばな」

一昔前には「江戸の灯りは伊勢の菜種でもつ」と言われていたほど、伊勢の国(現在の三重県)は菜種(菜の花)栽培が盛んな地域でした。その菜種の若葉を摘み取ったものが『三重なばな』として、現在では“みえの伝統野菜”の一品目に選ばれています。

もともとは油の採取を目的として育てられていた菜種ですが、生産農家の間では摘み取った脇芽を食べていました。それが非常においしかったことから徐々に市場への出荷が始まり、昭和40年代後半(1970年頃)には栽培が盛んになってきたそうです。

JAみえきた長島営農センターの三輪氏に話を伺うと、「当地区では現在100名ほどの生産者で栽培面積33ha、300tの出荷実績があり、県内出荷量の4割を占めています。水稲作の裏作として栽培され、9月初旬に種まきを行い、9月下旬に定植します。10月末頃より収穫が始まり、生育に合わせて4回ほど収穫され、3月中旬頃まで出荷が続きます」

主な病害虫は「害虫は秋口のヨトウムシ、アブラムシ、ヒラタアブの幼虫で、薬剤散布にて防除を行っています。病害に関しては根こぶ病が問題となりますが、薬剤散布だけではなく同じ圃場で連作しないような指導を行い、発生の予防に努めています」とのこと。

「栽培時期が冬場なので、伊吹おろし(当地区に吹く冬季の季節風)の影響を受け作業は大変ですが、寒さや霜に当たれば味が乗って甘くなるといった利点もあります。また生産者は高齢の方が多く、作業を軽減するため高畦栽培にしたり、業務用への販路を開拓して袋詰めしない出荷形態を取るなどの工夫をしています」と苦労の一端も伺えました。

青物野菜が市場にあまり出回らない冬場の新潟県や北海道での需要も多いそうで、全国各地でその味を堪能することが出来るようですが、春先には出荷が終わってしまうため「旬」にしか味わえない希少性を感じさせられる特別な野菜に思えてなりません。

(2015年5月掲載)

MBCニュース バックナンバー
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP