MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

茨城県行方市の「チンゲンサイ」

チンゲンサイ」

1972(昭和47)年の日中国交正常化以降に国内での栽培が始まったと言われているのが、中国野菜の中で最も身近な「青梗菜(チンゲンサイ)」。その濃緑色からは想像がつきにくいのですが、実は「白菜」の仲間だそうです。

2013(平成25)年の全国でのチンゲンサイの作付面積は2,380haで、そのうちの約4分の1(558ha)が茨城県で栽培されおり、全国1位の出荷量(11,600t)を誇ります。県内でも栽培が盛んな地域が今回訪れた茨城県行方(なめがた)市。2005年に麻生町・玉造町・北浦町が合併して誕生した市で、霞ケ浦と北浦という2つの湖に挟まれた農業の盛んな地域です。今回は行方地域農業改良普及センターの間庭主任とJAなめがたの坂本氏に当地での栽培状況について話を伺いました。

「今から30年ほど前、市場からの提案でメロン栽培に使用していたハウスの一部を利用して取り組み始めたのが始まりだそうです。当時はそのほとんどが『中華街』のある横浜方面の市場に出荷されていたとのことです。その後、平成になって出荷量が大幅に増え、産地として徐々に規模が大きくなっていきました。現在、当地の部会は部会員約80名で56haの栽培面積を誇ります。特に盛んなのは栽培発祥の地とされる北浦地区です。収穫量は10aあたり約2,400kgが平均的な栽培規模です」と坂本氏は説明してくださいました。

主な病害虫は「害虫としては5月ごろと秋に発生するキスジノミハムシ対策が重要です。特別栽培農産物の認証を受けているので、薬剤散布だけに頼らずネットを張るなどしてハウスへの侵入を抑えています。病害は白さび病などが問題となります」とは間庭氏の談。

産地としての将来を見据えてGAP(農業生産工程管理)をいち早く導入したり、生食用「サラダちんげん菜」や「スムージー」の提案を行うなど、拡販への意欲はどこよりも熱く、東日本大震災の風評被害で受けたダメージも吹き飛ばすかの勢いを感じさせられます。

(2015年1月掲載)

MBCニュース バックナンバー
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP