MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

北海道和寒町の「かぼちゃ」

かぼちゃ」

「冬至に食べると風邪をひかない」と言われるのが『かぼちゃ』。ビタミンAやカロチンが多く含まれ、冬場の野菜不足な時期に食すのは非常に理にかなっているのです。

平成24(2012)年度の国内の作付面積(17,800ha)、収穫量(227,100t)の約50%を占めるのが北海道です。中でも栽培が盛んな地域は、過去に冬場の気温で-41.2℃を記録したことのある上川郡和寒(わっさむ)町。今回はJA北ひびき和寒基幹支所の丹野係長と和寒南瓜部会の佐藤部会長に話を伺いました。

当地での取り組みについて、「昭和50(1975)年頃から栽培する農家が現れましたが、3年後でもまだ数軒で合計1ha程度の栽培面積でした。その後、冬至向けに出荷するようになり徐々に軒数・面積ともに増え始め、南瓜部会での栽培面積は平成3(1991)年は330ha、そして今年度は650haほどです。出荷量は昨年実績で6,278tでした。主な栽培品種は『えびす』『くり将軍』で、消費者の嗜好として甘くてホクホクした食感の品種が人気のようです」と丹野係長は説明してくださいました。

佐藤部会長は栽培について「6月初旬には種した苗を2週間後にほ場に定植、9月上旬頃から収穫を始めて一旦倉庫に保管してから10月頃より出荷を開始します」と話された後、「一番大変なのは収穫作業で、手作業で行わないといけないのが理由です」と栽培に関する苦労の一端を聞かせてくださいました。

「害虫についてはヨトウムシが大発生することもありますが、それほど困ってはいません。どちらかと言えばうどんこ病の防除が大変ですね。定植後50日辺りの7月下旬~8月初旬に薬剤散布を行いますが、散布作業に大きな労力がかかります。また近年つる枯れ病と思われる症状が発生し、こちらの対策にも頭を悩ませています」とは佐藤部会長の談。

丹野係長は「冬至まで出荷できるのが当産地の特長です。今後も部会と協力しながら頑張ります」と最後に意気込みを語られました。

(2014年9月掲載)

MBCニュース バックナンバー
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP