MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

北海道十勝地域の「とうもろこし」

とうもろこし」

小麦と米に並ぶ、世界三大穀物の1つである『とうもろこし』。食用だけに留まらずバイオエタノールの原料としても利用され、将来の新たなエネルギーとして期待されています。

今回訪問したのは、道内でもとうもろこしの栽培が盛んな十勝地域の芽室町にある日本罐詰株式会社。現在、約1,000戸の農家と契約し、2,500haの作付面積で収穫量約32,500tと国内に類を見ない規模を誇っています。同社の取り組みについて、長年に渡り携わっている原料部の道下顧問に話を伺いました。

「1948(昭和23)年に当工場で缶詰の製造を開始しました。当時は食の欧米化による需要増もあり、安定供給のために生産農家と直接契約して原料確保を実現してきました。長年に渡る農家との信頼関係が我々の強みであり、中には親子4代に渡るお付き合いが続いているケースもあります」とのこと。

栽培については「は種日と地帯差と品種間差を利用して、効率的な生産を行っています。地帯にあった土壌管理、特に整地や種の深さについては徹底するよう指導しています。いずれも技術と過去からの知識・経験の組み合わせが大きく活かされています」

主な病害虫はとの問いに、「アブラムシの発生は収量に影響するので防除を徹底しています。病害は品種によって差はありますが、6月末頃から発生する、すす紋病が問題となっています」と説明してくださいました。

様々なお話を伺う中で道下顧問は「当地で収穫された生食用のとうもろこしが東京の消費者の手元に届くのには、配送の時間などを含めて3日はかかります。しかし当社では、収穫後3~4時間といった新鮮な状態で袋詰めに加工することが出来ます。生食と袋詰めの違いはありますが、美味しいとうもろこしを食卓にお届けすることが出来るのが我々の強みであることを、もっと知ってもらえればと思います」と語り、数十年にわたる真摯な取り組みへの思いとその強さが印象に残りました。

(2018年9月掲載)

MBCニュース バックナンバー
北海道十勝地域の「とうもろこし」
群馬県北毛地域の「枝豆」
宮城県石巻市の「河北セリ」
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP