MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

宮城県石巻市の「河北セリ」

河北セリ」

“競り”合うように生育している姿が名前の由来と言われる『セリ』。数年前にテレビ番組で紹介されてからは仙台近郊の居酒屋では「セリ鍋」が評判で、根まで美味しいと冬場の人気メニューとして喜ばれています。

宮城県は全国1位の出荷量(467t/2014年産)を誇るセリの産地。今回訪れた石巻市(旧河北町)は山からの伏流水や地下水が豊富で、セリ栽培に適した場所。何と300年前の江戸時代から栽培が続いていると言われており、現在は『河北セリ』の名で出荷されています。

JAいしのまきの亀山氏に伺うと「JAのセリ部会は現在14名で栽培面積は4ha、2016年の出荷実績は75tです。当地では収穫方法の違う2つの形があります。冬に出荷する『根ゼリ』は田に水を張って栽培するもので、泥から根ごと引き抜いて収穫し、根を付けたまま出荷します。対して春に出荷する『葉ゼリ』は、寒さに弱い品種なので冬期に一旦葉が枯れてしまいますが、春になって新たに伸びてくる茎葉部を刈り取り出荷します」とのこと。特に『葉ゼリ』は日持ちがあまりしないので、当地まで足を運ばないとなかなか味わえない逸品なのだそうです。

宮城県石巻農業改良普及センターの伊藤技術次長は病害虫について「病害は葉腐病や葉枯病が、虫害は茎葉に侵入して食害するモトグロヒラタマルハキバガが問題となっています。登録のある農薬が少ないので、JAいしのまきと現地検討会を開催するなど、被害が拡大しないよう、出荷最盛期に安全で安心な『河北セリ』を消費者の皆様にお届けできるよう細心の注意を払っています」と説明してくださいました。

最後においしい葉ゼリの食べ方をご紹介。サッと茹でて冷水で冷まし、水分を絞り適当な大きさに切って麺つゆにつけて一晩おくだけ。花見の季節、満開の桜の木の下で食べるこの「お浸し」の味は格別だとか。このためだけに再訪を願わずにはいられませんでした。

(2018年1月掲載)

MBCニュース バックナンバー
北海道十勝地域の「とうもろこし」
群馬県北毛地域の「枝豆」
宮城県石巻市の「河北セリ」
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP