リニュロン

畑作物、果樹、野菜用除草剤

ロロックス水和剤
種別
除草剤
適用場面
農耕地

畑作物の除草剤ならロロックス。その確かな効果と安全性がこんな定評を生みました。日本はもとより、世界各地で長い実用例をみる実証済の畑作用除草剤です。

登録番号 第22895号
毒性 普通物
有効年限 4年
性状 類白色水和性粉末 45μm以下
包装 100g×60 300g×60
有効成分 リニュロン(PRTR・1種) 50.0%

SDS(安全データシート)

対象作物名

いんげんまめ、はっか、みつば、べにばないんげん、だいず、えだまめ、らっかせい、とうもろこし、飼料用とうもろこし、にんじん、ばれいしょ、さといも、こんにゃく、やまのいも、やまのいも(むかご)、麦類、アスパラガス、かんしょ、りんご、もも、なし、かき、にんにく、ねぎ、にら、セルリー、桑、ソルガム、とうき、たらのき、食用ゆり、わさびだいこん、らっきょう、おうぎ、あさつき

特長

  • 多くの畑作物に適用をもち、主に一年生の広葉雑草に効果を発揮します。
  • とくにヤエムグラ、スベリヒユ、ノミノフスマ、ハコベに高い効果があります。

登録内容

作物名適用雑草名使用時期使用量本剤の
使用回数
使用方法リニュロンを含む農薬の総使用回数
薬量希釈水量
いんげんまめ 一年生雑草 は種直後 100~
150g/10a
70~
150L/10a
1回 全面土壌
散布
1回
はっか 収穫120日前まで 100g/10a
だいず
えだまめ
は種直後~
出芽前
(雑草発生前~発生始期)
100~
200g/10a
1回 2回以内
(全面土壌
散布は1回以内、雑草茎葉兼土壌散布は1回以内)
本葉3葉期以降
雑草生育期
(草丈15 cm以下)
但し、収穫30日前まで
1回 雑草茎葉

土壌散布
(畦間・株間処理)
らっかせい
とうもろこし
飼料用とうもろこし
は種直後 100~
200g/10a
1回 全面土壌
散布
1回
にんじん 1回 2回以内
(は種直後は1回以内、
にんじん3~5葉期は1回以内)
にんじん 3~5 葉期
但し、収穫30日前まで
(雑草発生始期)
100~
150g/10a
1回
ばれいしょ 植付直後~萌芽前 100~
200g/10a
1回 1回
さといも 植付直後
こんにゃく
やまのいも 2回以内 2回以内
(粒剤は1回以内)
生育期
但し、収穫60日前まで
(雑草発生前~発生揃期)
2回以内 畦間土壌
散布
やまのいも
(むかご)
植付直後 全面土壌
散布
2回以内
生育期
但し、収穫60日前まで
(雑草発生前~発生揃期)
畦間土壌
散布
麦類
(秋播)
は種後~発芽前
(雑草発生前~発生始期)
1回 全面土壌
散布
1回
アスパラガス 萌芽前
(雑草発生前~発生始期)
150~
200g/10a
かんしょ 苗移植5日前頃まで 1回 2回以内
(全面土壌
散布は1回以内、
雑草茎葉兼土壌散布は1回以内)
一年生
広葉雑草
生育期
但し、収穫45日前まで
(雑草発生揃期)
(草丈10cm以下)
100~
200g/10a
1回 雑草茎葉

土壌散布
(畦間処理)
りんご
もも
かき
一年生雑草 雑草発生前~発生始期
但し、収穫30日前まで
300g/10a 1回 全面土壌
散布
1回
なし 雑草発生前~発生始期
但し、収穫90日前まで
にんにく 植付前(マルチ前)
(雑草発生前)
100~
150g/10a
植付後~萌芽前
(雑草発生前)
ねぎ
(本畑)
定植後
但し、定植14日後まで
(雑草発生前)
畦間土壌
散布
あさつき 植付直後~萌芽前
(雑草発生前~発生始期)
150g/10a 全面土壌
散布
にら 収穫30日前まで
(雑草発生前)
100~
150g/10a
セルリー 定植後
但し、定植7日後まで (雑草発生前)
畦間土壌
散布
ソルガム は種直後
(雑草発生前)
100~
200g/10a
全面土壌
散布
とうき 中耕・培土後
但し、収穫120日前まで
100g/10a 2回以内 畦間土壌
散布
2回以内
たらのき 中耕・培土後
(雑草発生前)
食用ゆり
わさびだいこん
植付後萌芽前
(雑草発生前~発生始期)
100~
150g/10a
1回 全面土壌
散布
1回
べにばないんげん は種後出芽前
(雑草発生前)
75~
100g/10a
みつば 100~
150g/10a
らっきょう 種球植付後
(雑草発生前)
150g/10a 1回 畦間土壌
散布
2回以内
(種球植付後は1回以内、
生育期は1回以内)
生育期
但し、収穫30日前まで
1回 全面土壌
散布
おうぎ は種後出芽前
(雑草発生前)
100~
150g/10a
1回 1回
4~10月 100~
200g/10a

注意事項

  • 本剤の所定量を10アール当たり70~150Lの水に加え、十分かきまぜてから均一に散布してください。
  • 生育の進んだ雑草には効果が劣る場合があるので、時期を失しないように散布してください。
  • 激しい降雨の予想される場合は使用しないでください。
  • 砂土では使用しないでください。
  • 砂質で水はけのよい畑では薬量をひかえめにしてください。
  • 使用後、容器や散布器具は必ず水で十分に洗ってください。
  • 散布器具、容器の洗浄水は河川などに流さず、環境に影響を与えないよう適切に処理してください。
  • 散布時は、農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖作業衣などを着用し、作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをするとともに洗眼してください。
  • 誤飲、誤食などのないように注意。誤って飲み込んだ場合は吐き出させ、直ちに医師の手当を受けさせてください。
  • 本剤は眼に対して刺激性があるので眼に入らないように注意し、眼に入った場合は直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
  • 本剤は皮ふに対して弱い刺激性があるので皮ふに付着しないように注意してください。付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。
  • 使用量に合わせて薬液を調製し、使いきってください。空袋は水産動植物に影響を与えないよう、適切に処理してください。
  • 水産動植物(藻類)に影響を及ぼす恐れがあるので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用してください。
  • 漏出時は、保護具を着用し、掃き取り他の容器に回収してください。
  • 移送取扱いは、ていねいに行い、転倒・破損することのないようにしてください。

保管は、密封し直射日光をさけ、食品と区別して冷涼・乾燥した場所におこなってください。

〔特に一般畑作物に使用する場合〕

  • 覆土は細かく砕いて均一厚目にしてください。
  • マルチ栽培、トンネル栽培等での使用は薬害を生じる恐れがあるのでさけてください(にんにくを除く)。
  • ねぎに使用する場合、薬液がかかると葉先が黄化する場合があるので葉身にはかからないようにうね間土壌散布をしてください。
  • 高畦栽培のかんしょには使用しないでください。(効果不足)
  • にんじんには発芽直後から3葉期未満まで使用しないでください。
  • にんじんの生育期に使用する場合、事前に使用品種における薬害の有無を確認してください。(薬害)
  • にんじん、セルリーには高温時は使用しないでください。(薬害)
  • とうもろこしに使用する場合、スーパースイート系では使用をさけてください。(薬害)
  • セルリー、やまのいも及びかんしょに使用する場合、薬液がかかると薬害を生ずるので、作物にかからないように畦間に散布してください。
  • たらのきに使用する場合は、穂木にかからないように散布して下さい。
  • だいず及びえだまめの畦間・株間処理に使用する場合、専用ノズルを使用してください。また、噴口はできるだけ低くし、本葉にかからないように散布してください。

〔特に桑畑で使用する場合〕

  • 蚕に対して影響があるので、桑葉にはかからないようにしてください。

【その他使用上のポイント】
・にんじんは発芽直後から3葉期未満まで使用しないでください。
・にんじんに使用する場合、特定の品種(ベータ312)においては生育期に使用すると薬害を生じる場合があるので、生育期の使用はさけてください。

  • 本剤の使用に当たっては、必ずラベルをよくお読みください。また使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には、病害虫防除所等関係機関の指導を受けていただくよう、お願い申し上げます。

お問い合わせ先

丸和バイオケミカル株式会社
アグロ事業部
マーケティング部
TEL:03-5296-2345

PAGETOP