MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

宮崎県の「日向夏」

日向夏」

九州の東南端に位置する宮崎県。県木の「フェニックス(カナリーヤシ)」を至る所で見かけるなど、この温暖で南国情緒豊かな地で『日向夏』は県の特産物として盛んに生産されています。

日向夏は1820年頃、宮崎市曽井の山中で真方安太郎氏が発見したといわれている宮崎県生まれの純国産果実。平成21年産の栽培面積は187ha、収穫量は2,719tと全国の生産量の約半分が県内で栽培されています。特徴的なのはその食べ方。白皮(アルベド)に甘みがあり果肉と一緒に食べられるので、リンゴのように皮を剥いて食せば他の柑橘にはない独特の食感と風味を、春~初夏にかけての爽やかな季節に堪能することが出来ます。

栽培概要について宮崎県総合農業試験場 亜熱帯作物支場の黒木技師に話を伺うと、「露地栽培の場合は5月上旬に開花し、翌年3月に収穫というのが一般的な作型です。特に忙しい季節は開花期で、これは日向夏が『自家不和合性』といって自分の花粉では果実が実らないため、人工受粉を行わなければならないためです。受粉樹に使われるのは『口之津41号』という品種で、ある程度の大玉となり、種も少ない実が育ちます」とのこと。

主な病害虫については「虫害はここ2,3年でアザミウマ類が多く発生している傾向があります。病害ではウイルス病の発生がありますが、病気に強い苗木であればそれほど大きな問題とならないので助かっています」。

今後の方向性はとの問いに宮崎県営農支援課の山口副主幹は「これからは県としてブランド化(※キャラクター:日向夏ちゃん)に力を注ぎ、贈答用だけでなく一般消費用やカットフルーツへの展開、食品メーカーとの協力で日向夏のラインアップを増やしていきたいです。また出荷量の8割が県内消費なので、今後は首都圏をはじめとする県外へと目を向け、多くの方においしさを味わってもらいたいですね」とのこと。日向夏のPRに日々勤しんでいる様子が目に浮かびました。

(2011年5月掲載)

MBCニュース バックナンバー
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP