クロリムロンエチル

その魅力は「ターフ」のために!

アトラクティブ
種別
除草剤
適用場面
緑地管理・ゴルフ場等

アトラクティブは米国デュポン社により開発されたスルホニルウレア系の除草剤で、低薬量で1年生及び多年生広葉雑草に効果を発揮します。 残効性に特に優れ、極めて長期間雑草を抑制する、その名の通り魅力あふれる新除草剤です。

登録番号 第22342号
毒性 普通物
有効年限 3年
性状 淡褐色水和性細粒
包装 150g×6×10
有効成分 クロリムロンエチル25.0%

SDS(安全データシート)

対象作物名

日本芝

適用場所

公園、庭園、堤とう、駐車場、道路、運動場、宅地、のり面、鉄道 等

特長

  • 非常に安定した残効性を示します。
  • 卓越した適期幅です。
  • 日本芝に対して高い安全性を示します。
  • 被曝が少なく使いやすいWDG(DF)製剤です。
  • 温度に左右されない効果を示します。

登録内容

作物名適用場所適用雑草名使用時期使用量本剤の
使用回数
使用方法クロリムロンエチルを含む
農薬の総使用回数
薬量希釈水量
日本芝 一年生及び
多年生広葉雑草
雑草発生前
~生育期
0.02~0.04g/㎡ 200mℓ/㎡ 3回以内 雑草茎葉散布
又は
全面土壌散布
3回以内
樹木等 公園、庭園、堤とう、駐車場、道路、運動場、宅地、のり面、鉄道 等 雑草発生前
~生育初期
0.04~0.08g/㎡ 100~200mℓ/㎡ 植栽地を除く
樹木等の周辺地に
雑草茎葉散布
又は
全面土壌散布

使い方

  • 本剤は広葉雑草に対し幅広く安定した効果を発揮しますが、特に残効性に優れていることから草種の多い秋期の処理においては春期まで抑草し十分な成果が得られます。
  • また、秋期の処理においては発生前~発生始期のステージのスズメノカタビラに対して影響が強く認められます。従ってイネ科土壌処理剤との組み合わせによりそれらの効果をより安定させることが出来ます。

注意事項

  • 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。
  • 本剤とアルカリ性の肥料、農薬などの化学物質とは混用しないでください。
  • 本剤はイネ科雑草に対して効果が劣るので、イネ科雑草優占圃場ではこれに有効な処理剤との体系で使用してください。
  • 散布液の飛散や流出によって、周辺作物に影響を及ぼすので、十分に注意して散布してください。
  • 降雨が予想される場合は使用をさけてください。
  • 本剤は遅効性で温暖期においても雑草が完全に枯れるまで30~40日程度かかるので、誤ってまき直しなどしないよう注意してください。
  • 水源池等に本剤が飛散、流入しないよう十分に注意してください。
  • 薬剤散布後は散布器具やホース内に薬液が残らないように十分に洗浄してください。
  • 散布器具、容器の洗浄水は河川等に流さず、環境に影響を与えないよう適切に処理してください。
  • 眼に入らないように注意し、眼に入った場合は直ちに水洗してください。
  • 散布の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをしてください。
  • 公園、堤とう等で使用する場合は、散布中及び散布後(少なくとも散布当日)に小児や散布に関係のない者が散布区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。
  • 使用残りの薬剤は必ず安全な場所に保管してください。

魚毒性等:使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使い切ってください。散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないでください。また、空容器、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。

保管:密封し、直射日光をさけ、食品と区別して、冷涼・乾燥した所に保管してください。

  • 本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、とくに初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けていただくよう、お願い申し上げます。

お問い合わせ先

丸和バイオケミカル株式会社
ユニカス事業部
マーケティング部
TEL:03-5296-2355

PAGETOP