社長挨拶

人と環境に貢献し、さらに信頼される企業に向かって!

 1964年(昭和39年)に米国デュポン社の植物保護を目的とした薬剤(農薬)の販売を創基とした当社は、全社員が志を大きく持ち、経営理念である「こころざしの経営」を日々の活動の中で追及しています。これは、会社の使命として、地域社会の発展とお客様の繁栄に、限りなく貢献していくために、社員はマチュリティの高い人間として成長していかなければならないことを意味しています。
 おかげさまで、このような企業行動はお客様との太い信頼関係のもとで、順調に展開させて頂いております。
 さらに、当社ではお客様が抱えるさまざまな問題解決を図るべく、研究部門を充実させ、日々の研究開発にいっそうの努力を続けており、この研究開発から生まれてくる新たな製品が、当社の関連している分野において大きな改善をもたらしていくものと確信しています。
 21世紀の日本は、自由貿易構想・関税障壁の撤廃などのグローバルな問題に直面しながら食料の安全確保、環境の美化と保全、豊かな地域社会の実現にむけて前進していかなくてはなりません。
 日本の企業として、我が国のさらなる発展の一助となるべく企業努力を続けてまいりますので、何卒よろしくお願い申しあげます。

代表取締役社長 井上 進

PAGETOP