レナシル・PAC

ビート(てんさい)と日本芝の除草剤

レナパック水和剤
種別
除草剤
適用場面
農耕地

レナシルとPACの混合剤。両剤の利点を十分に活かした、てんさい及び日本芝専用の除草剤です。

登録番号 第9979号
毒性 普通物
有効年限 3年
性状 類白色水和性粉末 45μm以下
包装 200g×50 1kg×10
有効成分 レナシル40.0% PAC(PRTR・1種)30.0%

SDS(安全データシート)

対象作物名

てんさい、日本芝

特長

  • 直播ビート、移植ビートのいずれも生育期に使用できます。
  • 処理適期幅が広く定植活着後と中耕後の2回使えます。
  • 2つの有効成分の配合により、ビート畑に発生する多くの一年生雑草を防除することができます。
  • 土壌処理効果で抑草期間が長く、中耕までの雑草を抑えることができます。

登録内容

作物名適用雑草名使用時期10アール当り使用量使用方法本剤の使用回数レナシルを含む農薬の総使用回数PACを含む農薬の総使用回数
薬量希釈水量
てんさい(移植栽培) 畑地一年生雑草 定植活着後、中耕後(雑草発生始期)(収穫60日前まで) 200~300g 50~100L 雑草茎葉散布又は全面土壌散布 2回以内 2回以内 2回以内
てんさい(直播栽培) 本葉2葉期 200g 100L
中耕後(雑草発生始期)(収穫60日前まで) 200~300g
日本芝 一年生雑草 雑草発生前~始期 200~300g 200~300L 全面土壌散布

使い方

  • 10アール当り所定の薬量を水100Lの中に加え、十分かきまぜてから均一に散布してください。

注意事項

〔特にてんさいに使用する場合〕

  • 砂地で水はけの良い畑では使用しないでください。
  • 生育しすぎた雑草には効果が劣るので、雑草発生初期(草丈3cm以下)に散布してください。
  • 展着剤(非イオン系)を加用してください。
  • ツユクサには効果が劣るので、これらの発生の多い畑では使用をさけてください。
  • 薬液は十分かきまぜ、また時々攪拌しながら散布してください。
  • 散布むらのないように均一に散布してください。
  • 本剤は残効性が長く、後作物に対して影響を及ぼすことがあるので注意してください。特に、いね科、まめ科、うり科、なす科及びあぶらな科作物等では影響が認められているので、本剤処理後6ヶ月以内にこれらを後作物として栽培しないでください。

〔特に日本芝に使用する場合〕

  • ターフ形成前または老質化した芝では使用しないでください。傾斜地での散布は窪地に薬剤が集中する恐れがあるので、薬量を少なめにして均一に散布するよう注意してください。
  • 公園等で使用する場合は、散布中及び散布後(少なくとも散布当日)に小児や散布に関係のない者が散布区域に立ち入らないよう縄囲いや立札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。

  • 使用後、容器や散布器具は使用後必ず十分水で洗ってください。
  • 誤飲、誤食などのないよう注意してください。誤って飲み込んだ場合には吐き出させ、直ちに医師の手当を受けさせてください。本剤使用中に身体に異常を感じた場合には直ちに医師の手当を受けてください。
  • 眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合は直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください(刺激性)
  • 皮ふに付着しないように注意してください。皮ふに付いた場合は直ちに石けんでよく洗い落としてください(刺激性)
  • 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。
  • 散布液調製時および散布の際は農薬用マスク、不浸透性手袋、ゴム長靴、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをするとともに洗眼をしてください。
  • 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
  • 火災時は適切な保護具を着用し水・消火剤等で消火に努めてください
  • 漏出時は保護具を着用し掃き取り回収してください。
  • 移送取扱いはていねいに行ってください。

魚毒性等:水産動植物(藻類)に影響を及ぼす恐れがあるので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用してください。散布器具および容器の洗浄水は、河川等に流さないでください。また、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。
保管:密封し、直射日光をさけ、食品と区別して、冷涼・乾燥した場所に保管してください。

  • 本剤の使用に当たっては、必ずラベルをよくお読みください。また使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には、病害虫防除所等関係機関の指導を受けていただくよう、お願い申し上げます。

お問い合わせ先

丸和バイオケミカル株式会社
アグロ事業部
マーケティング部
TEL:03-5296-2345

PAGETOP