MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

岡山県南部の「千両茄子」

千両茄子」

「一富士二鷹三なすび」と、初夢に見ると縁起が良いと言われている茄子。この組み合わせは江戸時代初期にはすでにあったようで、語源についても徳川家康の好んだものだとか、縁起の良いものの語呂合わせなどの諸説が伝えられています。

原産国はインド東部と言われていますが、日本には中国から8世紀頃に伝わったと言われています。茄子は煮ても焼いても漬けても美味しく食べられるため、和・洋食から中華料理とどんな料理にも適した食材として利用されているのが特長です。

岡山県は「晴れの国おかやま」のキャッチフレーズが示すとおり、全国有数の晴天日の多いところ。なかでも今回訪問した県南部は、瀬戸内の温暖な気候風土や土質が千両茄子の生育に適した地域だそうです。

岡山市農業協同組合備南支所の矢吹主任に話を伺うと「この地区は児島湾の干拓地で、昭和38年に竣工した地域です。千両茄子の栽培は昭和44年に1ha、10戸の農家の方が始めたのが最初で、現在は29ha、約140戸の方々が取組み、平成17年度実績で約3,500tを主に関東や大阪の青果市場に出荷しています。一貫して『千両』という品種を栽培し、高度の栽培技術管理で最高品質の茄子を生み出し、全国に誇るブランド農産物として成長してきました」とのこと。

病害虫に関しては「虫害で問題なのはスリップス類やハモグリバエで、薬剤散布とトラップを利用してハウス閉めこみ期の前には処理します。汚れ防止のため、展着剤にスカッシュを使用する農家の方も多いですよ。また病害については、すすかび病の防除に苦慮しています」と話して下さいました。

現在、岡山県は冬春なす主産県協議会の一員として国産茄子の消費拡大に力を入れており、毎年4月17日(*よいなす)を「なすび記念日」として全国に向けてPR活動を展開しています。千両茄子の名が全国に広がる日が、近い将来必ず訪れることでしょう。

(2006年9月掲載)

MBCニュース バックナンバー
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP