MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

沖縄県の「マンゴー」

マンゴー」

トロピカルフルーツの代名詞といってよいほど、最近は身近な果物になったマンゴー。生食用だけでなく、お菓子やドライフルーツといった加工品でも人気です。

原産国が東南アジアからインドといわれているマンゴーが沖縄県に入って来たのは今から約150年前の明治時代で、経済栽培として成り立つようになったのは昭和50年代後半頃の事だそうです。

県内の状況について沖縄県農林水産部園芸振興課果樹班の川満主任技師にお話を伺うと「平成15年の県内果樹の出荷金額47億円のうち、約17億円がマンゴーです。離島を含む県内全域で生産され、200ha強の面積で生産されています。主な生産品種はアーウィンで、いわゆる『アップルマンゴー』として有名です。出荷時期は無加温のものは7~8月、加温したハウスで収穫されたものは5~6月頃から市場に出回ります」とのこと。

病害虫については「一番の問題病害は炭そ病です。開花期の雨除け栽培が確立されたのも、炭そ病予防が大きな理由です。虫害についてはキジラミやキドクガ、ダニ類、スリップス類が問題です。いずれの病害虫も園地内の剪定枝等の残渣物処理や、こまめな通気を行うといった耕種的防除による対応が重要です」とのこと。また今後の課題としては「気象の影響で隔年結果になる傾向があります。目標は気象に影響されない栽培技術の確立で、県内の各農業研究センターで現在試験を重ねています。また低コストで建てられるハウスの普及が課題ですね」と話して下さいました。

南城市でマンゴー栽培に取り組んでいる生産者、安谷屋正邦さんの園地を見学すると、現在(4/20)は小指大~親指大の大きさでした。これからグングン大きくなり、収穫時には1玉350g程度と大人の手の平より少し大きいくらいにまで肥大するそうです。

沖縄産の完熟マンゴーを楽しむにはもう少し時間がかかります。例年より夏の訪れが少しだけ待ち遠しくなった沖縄訪問でした。

(2006年5月掲載)

MBCニュース バックナンバー
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP