MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

愛知県知多半島の「ふき」

ふき」

子どもの頃に慣れ親しんだ手遊び「おべんとうばこのうた」の歌詞でおなじみでもある『ふき』。日本原産で全国に分布しており「ふきのとう」としてもよく知られた作物です。

今回訪れた知多半島でふき栽培が広まったのは明治時代、地元で庄屋を勤めていた早川平左衛門氏宅で自家栽培したものを販売したのが始まりです。現在の状況を全国有数の栽培を誇るJAあいち知多の森岡マネージャーに伺いました。

「東海市、知多市、南知多町を中心に現在65軒の生産者で栽培面積は約45ha、出荷量は2,000tを上回ります。品種は愛知県の選抜品種を用い、柔らかく食べやすいのが特長です。6月上旬に堀り取り保冷した苗を8月上旬に定植、10月、2月、4月と収穫する栽培体系を中心に、定植時期を少しずつ後ろにずらすことで10月上旬から4月下旬まで途切らせずに出荷することを可能にしています」

主な病害虫については「病害では白絹病や半身萎凋病の防除が重要です。虫害ではナメクジ類のほか、フキノメイガ、ハスモンヨトウ、コナジラミ類、アブラムシ類の防除を重視しています。ふきは県の普及作物であり、適用拡大要望により登録のある農薬が徐々に増えているので適正防除に役立てています」

通常の出荷時の包装形態は「ラップ」に巻いた状態ですが、このラップ巻き作業が熟練の技が必要とのこと。そのため作業の簡略化を目指し、袋詰めでの包装形態の導入に向けて封入用の機械を開発し、今年から試験導入を始めました。いずれは共同選果場で袋詰めが行えるような環境が整えられれば、生産者の労力低減につながると考えているようです。

食物繊維が豊富で低カロリーと女性にお勧めしたい食材のようで、おいしい食べ方を伺うと「きんぴらやかき揚げなど、油との相性が活かされた料理です。また名古屋名物の天むすは『きゃらぶき』とセットが定番なので、ぜひ味わってください」とPR。ふきの需要拡大に熱心な姿が垣間見られました。

(2019年9月掲載)

MBCニュース バックナンバー
茨城県八千代町の「はくさい」
愛知県知多半島の「ふき」
長野県塩尻市洗馬の「レタス」
広島県尾道市因島の「はっさく」
北海道十勝地域の「とうもろこし」
群馬県北毛地域の「枝豆」
宮城県石巻市の「河北セリ」
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP