MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

広島県尾道市因島の「はっさく」

はっさく」

瀬戸内海のほぼ中央に位置し、温暖な気候に恵まれた因島。『因島村上海賊の島』としても有名で、2016年4月には日本遺産に認定されるなど歴史と自然に囲まれた豊かな島です。今回取材した『はっさく』は、ここ因島発祥の果物。江戸末期の1860年に当地の住職である恵徳上人が寺の側で発見したといわれています。それから時を経て1886(明治19)年に“旧暦の八月の朔日(8月1日)”にちなんで『八朔』と名付けられたのだそうです。

現在の栽培状況についてJA広島果実連の後藤技師に話を伺うと「2017年においては普通はっさくが60ha、紅はっさくで45haの栽培面積で、生産量は合計して約2,000tでした。収穫作業は例年12月より始まり1月にピークを迎えます。一昨年の秋の日照不足が影響して昨年は収量が少し落ちましたが、今年の収穫量は前年比130%程度まで回復しそうです。また糖度も高い傾向で出荷が楽しみです」と笑顔です。

「1戸当たりの栽培面積は30aと大きくありませんが、かえって多くの手間をかけられることから良質な果実が出荷できるところが強みです。また栽培農家の平均年齢は73歳と高齢化が進んでおり、90歳で未だ現役という方もいます」と説明してくださいました。

主な病害虫は「病害は黒点病と炭疽病で、虫害はアザミウマに困っています。特に炭疽病は温暖化の影響か、防除時期が今までより長引いている傾向があります」とのこと。

「現在は紅はっさくのほうがジューシーで人気がありますが、普通はっさくのほうがおいしいという生産者の声も聞きます。そこで『普通はっさくの復興』を目指し、改めて市場での人気を勝ち取っていきたいです」と今後の展開について語ってくださいました。

取材後、帰路につく途中で『はっさく大福』を購入。果実の苦味と甘酸っぱさに餡の甘みが絡み合う絶妙な一品で、その味にすっかり魅了されてしまいました。

(2019年1月掲載)

MBCニュース バックナンバー
長野県塩尻市洗馬の「レタス」
広島県尾道市因島の「はっさく」
北海道十勝地域の「とうもろこし」
群馬県北毛地域の「枝豆」
宮城県石巻市の「河北セリ」
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP