MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

栃木県小山地区の「ハトムギ」

ハトムギ」

その名前からは麦の仲間と思われがちですが、植物分類上はトウモロコシに近い『ハトムギ』。漢方としては「ヨクイニン」と呼ぶそうで、この言葉を聞いてすぐに何かわかる方は、健康志向が強いのではないでしょうか。

ここ小山地区でハトムギ栽培が本格的に始まったのは1991(平成3)年のこと。当初は2名の生産者、わずか1.3haの作付で始まりましたが、18年後の2009(平成21)年には110haまで栽培面積が増加しました。今回は、この地でハトムギ栽培に魅了され、産地を牽引してきた株式会社髙田肥料店の髙田光紹社長に話を伺うことが出来ました。

「始まりは、水稲からの転作として取り上げられたのがきっかけです。当地は土地利用型農業に適しており、『米+大豆』などの二毛作も行われていましたが、連作障害の発生などから『米+ハトムギ』の栽培体系が試験的に導入され、その後徐々に浸透していきました。今では『表作がハトムギ、裏作が米』と言う生産者さんもいるんですよ」とのこと。

主な病害虫に関しては、「病害は葉枯病と黒穂病、虫害はアワノメイガやイネヨトウの発生が問題になりますが、適正防除に努め、被害を最小限に抑えています」と頼もしい発言。しかし、登録のある農薬が少ないため、「使用可能な農薬のバリエーションが増えることを期待しています」と弊社への要望も。

現在、小山市内の公立小中学校38校の学校給食に取り入れられ『地産地消』にも積極的ですが、「お茶や漢方といった用途以外での需要を増やしたいですね。現在は焼酎や味噌、アイスクリーム等がありますが、様々な効用を活かして美容目的の女性にもたくさん消費して頂けるよう、新たな加工品を模索中です」。

昨年発生した原発事故の風評被害も決して少なくないようですが、「産地の灯は絶対に消しません」と、自らを奮い立たせるかのごとく力強く語る髙田社長。その眼差しには、一点の曇りも見ることは出来ませんでした。

(2012年5月掲載)

MBCニュース バックナンバー
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP