MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

静岡県浜松市の「エシャレット」

エシャレット」

名前を聞くと「おしゃれな西洋野菜」とイメージしますが、『エシャレット』は若取りしたらっきょうにつけられた名前で、ここ浜松市が発祥の地の国産野菜なのです。

古い記録によると、1952(昭和27)年に地元生産者の方々と市場関係者が遠州灘にほど近い当地の砂地で栽培できる作物として、らっきょうを深植えで軟化させて食したところ、非常に美味しかったことから取り組みが始まったそうです。その際、西洋野菜「エシャロット」に似せてネーミングし、イメージ向上に繋げようとしたのが名前の由来です。

JAとぴあ浜松の大山営農アドバイザーに話を伺うと、「現在、栽培面積24ha、生産者123名で取り組んでいます。8月から9月上旬より種球を植え付け、収穫は10月下旬から翌年5月中旬まで行われます。現在はJAの保冷庫を利用して周年出荷を実現しているので、夏場でもその味を楽しめます。葉付きのものは日本髪を模した『島田結い』という独特の曲げ方で葉を束ねて出荷しますが、これは経験を重ねたベテラン農家さんほど熟練の技で美しい形に仕立てあげます」とのこと。

主な病害虫は「病害は白色疫病、春先のさび病、虫害はネギアザミウマ、ネギハモグリバエ、ネギコガが問題です。圃場が限られた地域に密集しているので、1ヶ所で発生するとすぐに蔓延してしまいます。そのため、農家の方々には産地全体を考えての適切な防除を実施して頂けるようお願いしています」。

今後の取り組みとして、「1つは地場消費の推進です。地元スーパーへ働きかけて地産地消拡大を目指しています。2つ目はやはり高齢化対策ですね。世代を超えての産地維持に努められるよう、技術を受け継がせていくことが重要だと考えています」とのことでした。

取材後、圃場の写真撮影にご協力頂いた太田正芳氏から収穫したばかりのエシャレットを頂戴しました。その日の晩酌のビールの味が格別だったことは、言うまでもありません。

(2012年1月掲載)

MBCニュース バックナンバー
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP