MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

長野県須坂市の「ナガノパープル」

ナガノパープル」

大粒の房がたわわに実るぶどう。「好きだけど、皮を剥いて種を出すのが面倒」と伸ばしかけた手を引っ込めた経験のある人に朗報です。『ナガノパープル』は、種無しで皮ごと食べられる新しい品種のぶどうなのですから。

長野県果樹試験場で平成2年に「巨峰」と「ロザリオビアンコ」を交配して誕生した『ナガノパープル』は、平成16年に品種登録され、現在は長野県内でしか栽培することが出来ない貴重なぶどうです。須坂市を管下に置くJA須高管内の栽培面積は約40haで県内の2/3の生産量を誇る一大産地。平成22年度は前年比3割増の160tの出荷を目指し、ナガノパープルのブランド化に力を注いでいます。

今回取材に訪れたのが8月のお盆明けで、9月初旬から出荷見込みのたくさんの果房が実る時期。同市内の松沢正敏さんの圃場で頭上にナガノパープルを見上げながら、JA須高営農生活部販売企画課の藤沢課長と野堀技術員に話を伺いました。「この地域は昔からぶどう栽培が盛んで、主に巨峰を栽培してきましたが、他産地と差別化できる品種の導入が大切との考えから取り組みが始まりました。登録が下りた平成16年より本格的に栽培を開始し、現在は300戸ほどの農家の方が生産されています」とのこと。

栽培管理の中での一番の問題が「裂果」。果皮が薄いため、実が肥大してくると皮が裂けてしまいやすいのだそうです。この点について「水分バランスが影響しているので、降雨や灌水管理には非常に神経を使います。平成20年度は特に発生が多く、農家の皆さんが大変苦労されました。現在は果樹試験場と協力し、同時進行で裂果対策に注力しているところです」と説明してくださいました。

「今はまだ管内のぶどう出荷量の大部分が巨峰ですが、将来的にはナガノパープルを初めとした多品種展開で、より産地を活性化していきたいですね」と先を見据えた取り組みに、大きな発展を予感せずにはいられません。

(2010年9月掲載)

MBCニュース バックナンバー
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP