MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

青森県田子町の「にんにく」

にんにく」

古くから滋養強壮効果が認められている『にんにく』。その名の語源は"あらゆる困難に耐え忍ぶ"という意味の仏教用語「忍辱」から来ているそうで、言葉のイメージだけでも効果を実感してしまう人もいるでしょう。

現在、国内で流通しているにんにくの7~8割は青森県産。中でも田子町は一大ブランド産地として、その名を全国に響かせています。

青森県三八地域県民局 地域農林水産部 普及指導室の松川主査に話を伺うと、「9月下旬から10月上旬にかけて植付を行ない、翌年の6月下旬から7月上旬に収穫というのが一般的な栽培体系です。主な栽培品種は『福地ホワイト六片種』で、色や形が良いのが特長です。これを施肥管理や収穫時期を見極めて、大玉で高品質のにんにくを収穫・出荷することにより、他県の産地や輸入品との差別化を図っています」。

病害虫については「病害に関しては、春腐病に羅病すると収穫に影響するので注意が必要です。虫害で問題なのはイモグサレセンチュウです。被害球は出荷クレームに繋がることもあるので対策には力を注いでいます」とのこと。

現在の取り組みとして「安定した出荷を行なうために、田子町では独自の施設(CA貯蔵庫)を管理運営し、通年出荷を実現しています。また、生産農家の方々が皆で足並みを揃え、厳しい自家選果をクリアしたものを出荷するという姿勢は、日本一の産地としての誇りがそうさせているのだと思っています」。

近年、輸入量の増加により産地として大きく影響を受けたこともあったそうですが、輸入物にはない大玉の出荷などによって厳しい環境を乗り越えてきたという田子町のにんにく。今後の方向性として「植付・収穫共に人力に頼らざるを得ないのがにんにく栽培の大きな悩みです。植付機や収穫機といった機械の導入が進めば、新たな展開が開けるのではないかと考えます。最近は他県の産地も頑張っているので、こちらも負けずに頑張っていきたいですね」と最後に話して下さいました。

(2009年1月掲載)

MBCニュース バックナンバー
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP