MBCニュース

全国の産地で栽培されている話題の作物をご紹介いたします。

MBCニュースとは?

MBCニュースとは

1986(昭和61)年1月、「丸和の動きや方針、技術情報など知らせてくれるニュースのようなものが欲しい」との要望に応え、広報部(当時)が担当して企業広報誌「MBCニュース」第一号を発刊致しました。経営方針や新製品情報、業界の動向などを中心に発行し、2004年9月発行(第70)号をもって、その機能を本ホームページに移行しました。

ここでは、当時より続く連載企画「話題の作物を訪ねて」を掲載し、全国の産地で栽培されている作物をご紹介させて頂きます。

MBCニュース

高知県の「ショウガ」

ショウガ」

世界的に香辛野菜として有名なショウガ。原産地は熱帯アジアといわれていますが、日本への伝来ははっきりしていません。しかし「魏志倭人伝」にはその名前が既に記されているとのこと。今から1800年前には日本に伝わっていたかと思うと、それだけでロマンを感じてしまいます。

最近は中国産が多く輸入されていますが、国内産のショウガ販売量の約5割が高知県産です。明治元年に高知市で最初に作り始められ、現在では県内で約440haの作付面積を有します。高知の温暖な気候、日射量、降雨量がショウガ栽培には適しているというのも産地として成長した理由の1つだそうです。

県内の状況について高知県農業技術課営農支援室の高橋専門技術員に話を聞くと、「販売価格は中国産のほうが安いのですが、原産国表示が義務付けられてからは少々高くても国内産を購入する消費者が多くいらっしゃるので、現在は追い風傾向です。今までは大こぶのものをダンボールで出荷していたのですが、最近では使い切りサイズである小袋包装での出荷量が多くを占めています。また、様々なご要望にお応えするために、新ショウガ(ハウスショウガ)と露地ショウガを生産しています。」とのこと。

病害虫に関しては「病害に関しては、青枯れ病やいもち病が問題です。特にいもち病については抵抗性の問題もあるので、登録のある薬剤が増えることを望みます。虫害についてはハスモンヨトウやアワノメイガが問題で、黄色灯による忌避対策に取り組んでいますが、圃場内での光の当て方など解決しなければならない点が幾つかあります。」とのこと。

また課題として「重量野菜であるため、収穫後の運搬やトラックへの荷上げ作業は高齢の生産者には大きな負担です。その為、収穫期に若い雇用労力を確保するなど、省力化への努力を続けていきます。」と話して下さいました。

新ショウガが出回るこの季節、瑞々しい美味しさを味わいながら杯を重ねたいものです。

(2005年5月掲載)

MBCニュース バックナンバー
神奈川県三浦市の「だいこん」
大分県の「大分白ねぎ」
熊本県八代市の「晩白柚」
北海道浦臼町の「ワイン専用品種ぶどう」
愛媛県の「甘平(かんぺい)」
埼玉県本庄市の「ロマネスコ」
広島県尾道市の「広島わけぎ」
三重県長島地区の「三重なばな」
茨城県行方市の「チンゲンサイ」
北海道和寒町の「かぼちゃ」
熊本県熊本市の「すいか」
香川県坂出市の「金時にんじん」
千葉県白井市の「梨」
山形県村山地域の「食用菊」
千葉県柏市の「かぶ」
山口県の「はなっこりー」
栃木県小山地区の「ハトムギ」
静岡県浜松市の「エシャレット」
北海道本別町の「あずき」
宮崎県の「日向夏」
山形県天童市の「ラ・フランス」
長野県須坂市の「ナガノパープル」
高知県の「文旦」
鳥取県鳥取市福部町の「砂丘らっきょう」
福岡県八女地域の「八女茶」
富山県の「チューリップ」
青森県田子町の「にんにく」
北海道十勝地域の「十勝川西長いも」
徳島県鳴門地域の「なると金時」
鹿児島県志布志市の「ピーマン」
愛知県西三河地域の「いちじく」
福島県田村地域の「エゴマ」
長野県中野市の「えのきたけ」
岡山県南部の「千両茄子」
沖縄県の「マンゴー」
栃木県上都賀地域の「ニラ」
福岡県八女地域の「キウイフルーツ」
高知県の「ショウガ」
静岡県遠州地域の「メロン」

バックナンバー

PAGETOP